ほんとに久しぶりの更新となりました。2016年12月31日 16時40分01秒

 昨年末の意気込みはどこへやら?

 本年は昨年に輪をかけてブログ更新が滞りがちになってしまいました。

 

 フィットネスクラブでのレッスンが楽しく、平日はほとんどジム通いなのが、ブログ更新をサボりがちになった大きな要因かもしれませんね・・・?(^_^;)

 

 それはさておき、本年の株式市場は日経平均が19114.37円と昨年末より0.42%と、ほんのわずか上昇して終えたものの、TOPIXは1518.61と昨年末より1.85%下落しました。

 

 小生といえば、年初の大幅下落時に大損失を出し、それを年末まで引きずってしまったため、TOPIX同様、大きな損失を出してしまいました。

 

 米大統領選直前に、それまで保有していた銀行、証券株をすべて売却し、キャッシュポジションを高めたのが大失敗でした。(^_^;)

 

 もし、あのとき売ってなければ・・・、ほぼトントンまで戻っていたのに・・・、グスン(T_T)

 

 株にタラレバはないですよね!(^_^;)

 

 現金比率を上げたのは間違いではないと、今も思っていますので、当面はこのまま様子見します。

 

 さあ、気を取り直して、年末恒例の本年映画鑑賞数です。

 

 本年は昨年の76本を上回る95本となりました。

 

 作品数は95本ですが、「この世界の片隅に」を2回観ましたので、鑑賞回数は96回となります。

 

 同じ映画を複数回鑑賞したのは「スウィングガールズ」以来かな・・・(^_^;)

 

 1月(9本)

 

  orangeオレンジ、スター・ウォーズ フォースの覚醒、ピンクとグレー、創造と神秘のサクラダファミリア、人生の約束、シーズンズ、はなちゃんのみそ汁、信長協奏曲、さらば あぶない刑事

 

 2月(5本)

 

  俳優 亀岡拓次、オデッセイ、X-ミッション、スティーブ・ジョブズ、女が眠る時

 

 3月(10本)

 

  マネー・ショート、シェル・コレクター、家族はつらいよ、エヴェレスト神々の山嶺(いただき)、僕だけがいない街、ちはやふる~上の句~、暗殺教室-卒業編-、黒崎くんの良いなりになんてならない、天使にアイム・ファイン、Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

 

 4月(6本)

 

  いしゃ先生、バットマンvsスーパーマン、あやしい彼女、名探偵コナン 純黒の悪夢、スポットライト、レヴェナント

 

 5月(8本)

 

  ちはやふる~下の句~、64-ロクヨン-前編、ヒーローマニア-生活-、ズートピア、シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ、スキャナー、「殿、利息でござる」、世界から猫が消えたなら

 

 6月(8本)

  探偵ミタライの事件簿、64-ロクヨン-後編、海よりもまだ深く、高台家の人々、団地、TOO YOUNG TO DIE、日本で一番悪いやつら、植物図鑑

 

 7月(6本)

 

   ふきげんな過去、インデペンデンスデイ2、シングストリート未来へのうた、セトウツミ、ワンピース フィルムゴールド、裸足の季節

 

 8月(8本)

 

   シン・ゴジラ、秘密 THE TOP SECRET、ルドルフとイッパイアッテナ、X-MEN:アポカリプス、傷物語Ⅱ 熱血篇、青空エール、ファインディング・ドリー、君の名は。

 

 9月(11本)

 

  ペット、後妻業の女、四月は妻の嘘、スーサイド・スクワッド、超高速!参勤交代リターンズ、ソング・オブ・ザ・シー、怒り、レッドタートル ある島の物語、白い帽子の女、聲の形、オーバー・フェンス

 

 10月(11本)

 

   真田十勇士、SCOOP!、ハドソン川の奇跡、グッド・モーニングショー、ジェイソン・ボーン、少女、何者、インフェルノ、永い言い訳、カノン、函館珈琲

 

 11月(10本)

 

  ある天文学者の恋文、奇跡がくれた数式、聖なる呼吸 ヨガのルーツに出会う旅、バースデーカード、ティファニー ニューヨーク五番街の秘密、ジャック・リーチャー、この世界の片隅に、ボクの妻と結婚してください、聖の青春、疾風ロンド

 

 12月(5本)

 

  ファンタスティック・ビースト、ミュージアム、この世界の片隅に(2回目鑑賞)、海賊とよばれた男、ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

 

 12月は旅行などが重なり、ちょっと少なめで、年間100本の大台には乗れませんでした。(^_^;)

 まっ、充分に映画鑑賞できた年でありました。来年は少し減りそうかな・・・?

 それでは、来年も当ブログをよろしくお願いします。

映画「この世界の片隅に」2016年11月14日 20時14分59秒

 本当に久しぶりのブログ更新となりました。(^_^;)

 

 今日は普段ならフィットネスクラブに行っているはずなのですが、 シネリーブル梅田にて12日から公開されている「この世界の片隅に」を観るため、ピラティスのレッスンはお休みにしました。(^_^;)

 

 そう、のんちゃん(能年玲奈)が主役の声優を務めている話題のアニメ映画です。

 

 株主優待券なので、公開初日の土・日は観られないため、今日となった次第です。

 

 戦争映画なのに旧来の戦争映画とは全く違った映画なのにびっくりします。

 

 主人公の「すず」のおっとりした性格が、のん(能年玲奈)とぴったりマッチしていたのが良かったのかも知れませんね。

 

 もっとも、オープニング時の、のんちゃんの話し方には少し違和感を感じましたが、すぐに良くなっていました。

 

 「この世界の片隅に」、そう、私たちはそれぞれ出会い、懸命に生きているのですよね。

 

 「火垂るの墓」も素敵な映画でしたが、何だかつらくてTV放映されても、2回目以降は観ようという気持ちがあまりおきませんでした。

 

 でも、この映画はそんなつらい気持ちにならないのですね。TV放映されたら是非また観たいと思っている自分がいます。

 

 現在、大ヒットを続けている「君の名は。」も、もちろん素晴らしかったですが、「この世界の片隅に」も、多くの方々に是非観ていただきたい映画だと思います。

 

 映画『この世界の片隅に』予告編

 

 コトリンゴ -「 悲しくてやりきれない 」

映画「あやしい彼女」2016年04月10日 22時14分20秒

 今日は映画のクチコミで評判の良い「あやしい彼女」を鑑賞してきました。

 松竹配給の映画でしたので、今年初めて株主優待を使わずに大阪ステーションシティシネマで大枚1,100円を払って鑑賞しました。

 西宮北口や神戸ならオーエスの株主優待が使えたのですが、まっ、良いか!!(^_^;)

 この映画は韓国映画のリメイク版だそうですが、当然のことながら、設定はすべて日本仕様になってました。

 なつかしの昭和歌謡を多部未華子さんが見事に歌いきっているのに感心しました。この歌唱シーンだけでも観る価値のある映画でした。

 コメディーなのに何故か、ほほを伝わるもの(?)があり、途中、手でぬぐっている自分がいました。(^_^;)

 もちろん、つっこみどころもいくつかありましたが、それを上回るすばらしい作品になってました。

 帰ってから、昨年WOWOWで放映されていたのを録画してましたので、オリジナル版も鑑賞。

 BDに保存ばかりして全然観ていないのですが、エクセルでデータベース化してますのでこうした機会にチェックして観られるのがありがたいです。

 どちらも良かったですが、やはりなじみのある昭和歌謡の多部未華子さん版の方が好みです。(^_^;)

 

 映画『あやしい彼女』予告編

 

 「あやしい彼女」 多部未華子 歌唱シーン映像

 

 多部未華子 圧巻の歌唱力!要潤ら共演者は感動!映画『あやしい彼女』

本年も当ブログご覧頂きありがとうございました。2015年12月30日 20時11分32秒

 2005年8月に始めた当ブログも、当初の意気込みはどこへやら(^_^;)、最近は月に1回か2回程度にアップ数も激減(^_^;)。

 それでも、何とか閉鎖もせず、続けられているのも、過去のブログへの暖かいコメントをいただけているからかもしれません。

 そうしたコメントをいただけるのが、何年か前のブログばかりなのが、現在のなさけない状態を物語ってもいるのですが・・・(^_^;)

 

 それはともかく、書きたくなったら書きますので、来年はちょっと?期待してくださいね。(^_^;)

 

 さて、本業(?)の株式投資の成果ですが、8月に大勝負して負けたことが響き、日経平均がこの1年で10%近くも上昇したのに、当方は成果無しというなさけない結果に終わりました。

 クリエイトレストランツHDで何とか利益確定できたのが唯一の成果でしたが、他がことごとく討ち死に状態!!

 過去3年の累積損失が120万円ほど残っているのですが、これが来年の確定申告時に消滅するため、何とか、益の出ている現物株を売ることで、この累損を相殺するのがやっとでした。

 この結果、現在の持ち株はほとんど含み損状態のものばかりとなりました。(^_^;)

 

 すべて売り払ったクリエイトレストランツHDは年が明ければ何とか買い戻したいのですが、3,100円台に落ちてくれないと、無理かも・・・?

 

 来年は2020年東京オリンピックに向けての景気を期待出来るような状況にはならないような気がしており(本当にオリンピック開催出来るの?)、厳しい局面が多々起こりそうですが、何とか乗り切っていきたいものです。

 

 

 それは、さておき年末恒例の本年映画鑑賞数です。

 本年は昨年の53本を上回る76本となりました。(^_^;)

 毎日のようにフィットネスクラブの通いながら、この本数、うん、我ながらよく観たものです。(^_^;)

 

 

  1月(5本)

 ベイマックス、映画ST赤と白の捜査ファイル、さよなら歌舞伎町、マエストロ!、みんなのアムステルダム国立美術館へ

 

 

2月(9本)

 ジョーカー・ゲーム、深夜食堂、マンゴーと赤い車椅子、味園ユニバース、チャーリー・モルデカイ、ラブストーリーズ コナーの涙、あしたになれば、テラスハウス クロージングドア、繕い裁つ人

 

 

3月(7本)

 くちびるに歌を、ソロモンの偽証前篇・事件、イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密、風に立つライオン、迷宮カフェ、暗殺教室、博士と彼女のセオリー

 

 

4月(4本)

 エイプリルフールズ、ソロモンの偽証後篇・裁判、名探偵コナン2015、王妃の館

 

 

5月(8本)

 寄生獣完結編、ビリギャル、脳内ポイズンベリー、フォーカス、”パパ、遺伝子組み換えってなあに”、駆込み女と駆出し男、チャッピー、イニシエーションラブ

 

 

6月(7本)

 おかあさんの木、陽なたのアオシグレ台風のノルダ、予告犯、海街diary、愛を積むひと、ゆずり葉の頃、ストレイヤーズ・クロニクル

 

 

7月(6本)

 バケモノの子、HERO、アベンジャーズ2、ターミネーター新起動/ジェネシス、海のうた、きみはいい子

 

 

8月(6本)

 この国の空、ミッションインポシブル ローグネイション、ミニオンズ、S-最後の警官・奪還、日本のいちばん長い日

 

 

9月(6本)

 ロマンス、人生スイッチ、東京PRウーマン、アンフェアthe end、ガールズ・ステップ、天空の蜂

 

 

10月(7本)

 図書館戦争THE LAST MISSION、UFO学園の秘密、岸辺の旅、バクマン、ギャラクシー街道、ボクは坊さん、マイ・インターン

 

 

11月(6本)

 劇場版MOZU、FUJITA、グラスホッパー、起終点駅ターミナル、コードネームU.N.C.L.E.、杉原千畝(試写会)

 

 

12月(6本)

 亜人第1部-衝動-、海難1890、母と暮せば、恋人たち、流れ星が消えないうちに、007 スペクター

 

 最近はWOWOWやディーライフなども良く観ますが、やはり映画館の大スクリーンにはかなわないですね。(^_^;)

 

 

 来年も、これぐらいの本数観られたらいいなぁ~

 それでは、みなさま良いお年をお迎えください。

 

 

 本年最後のユーチューブリンクは今年結婚なされた堀北真希さんが出ていらっしゃる北原謙二さんの「ふるさとのはなしをしよう」 です。

 

 

 北原謙二さん「ふるさとのはなしをしよう」

映画「ビリギャル」2015年05月08日 20時20分37秒

 昨日はTOHOシネマズなんばにて「ビリギャル」を鑑賞してきました。 題名からはちょっと軽い映画の感じだったのですが(^_^;)、どうしてどうして、とても中身の濃い良質な映画でした。

 成績学年最下位の女子校生(有村架純)が、塾の講師(伊藤淳史)と二人三脚で慶応大学に合格するまでのストーリーなのですが、娘を信じ励まし続けるお母さん(吉田羊)の存在がいかに大きいかったかが良くわかります。

 もちろん、脚色も入っているでしょうが、これが、実話だということも驚きです。(^_^;)

 受験生のみならず、すべての年代の方にお薦めできる映画ですね。

 

 映画「ビリギャル」予告

 

 Saku 『START ME UP』(Official Music Video) -有村架純主演映画『ビリギャル』劇中歌-