最近見た映画の感想2014年05月02日 21時31分04秒

 この3月、4月に観た映画は「魔女の宅急便」、「家路」、「銀の匙」、「パズル」、「神さまのカルテ2」、「アナと雪の女王3D版」、「白ゆき姫殺人事件」、「チームバチスタFINAL」、「名探偵コナン」、「相棒 劇場版Ⅲ」、「テルマエ・ロマエⅡ」の計11作でした。

 最近は月平均5本程度に落ち着きつつありますね。

 上記のリストを見て気付いたのが、「アナ雪」を除いて、すべて邦画だったことです。

 やはり邦画好きなのかな・・・?(^_^.)

 実写版の「魔女の宅急便」は思ったよりも良い作品でした。主演の子がかわいかったから・・・(^_^;)

 「家路」は福島第一原発事故で故郷を失ってしまった家族の物語。松山ケンイチさんと田中裕子さんの演技を観ながら、これから福島にみんな帰れる日が来るのだろうか?と、ちょっと考え込んでしまいました。

 東電は相変わらず正しいデータを発表していないようですし、ネット上に出回っている2020年の日本地図がデマであることを願うのみです。

 「銀の匙Silver Spoon」は北海道の農業高校を舞台とした物語。原作が人気コミックで、アイドルが主演だったようで観客も若い人たちが多かったです。

 アイドル映画のわりにしっかりとした作りでした。(^_^;)

 そのほかの映画もそれぞれ楽しめました。

 特に「アナ雪」は3D版を観たのですが、以前「アバター」を3Dで観たときのような疲れもなく、最近の3D技術の進化を感じました。

 内容もアニメミュージカル映画として十分楽しめました。

 で、今回期待外れだったのが「相棒Ⅲ」かな・・・

 これまでの相棒のような切れがなく、展開が単純で、あまり引き込まれなかったのです。和泉監督なので期待していたのに・・・(^_^;)

 その点、「白ゆき姫殺人事件」の方がストーリー展開が数段すぐれていたように思います。

 

 『アナと雪の女王』主題歌「Let It Go〜ありのままで〜」映像

福島第一原発のALPSがすべて停止2014年05月20日 22時28分04秒

 今日のmsn産経ニュースによると「ALPS全系統が停止、フィルター異常か、処理できない状態に 福島第1」とあります。

 

 福島第1原発の汚染水処理設備「多核種除去装置(ALPS=アルプス)」で、AからCの3系統あるうちのC系に処理後の水が白濁する不具合が生じ、処理を停止したとのことで、これでA,B,Cの全系統が停止する事態となってます。

 それでなくても、ALPSは設備が大掛かりなわりに、トラブル続きで実験プラントの域を出ていないしろものですね。

 こんな未完成な技術にたよらないといけないのが現在の福島の実態なのです。

 完全にコントロールできていると言って招致に成功した2020年東京オリンピックですが、これが嘘であったと世界中に知れ渡れば開催返上の事態も起こりうるでしょう。

 最近、「美味しんぼ」が責められていますが、メルトダウンした膨大な核燃料はまだ全量残ったままで、近づくことすらできないまま、今も放射能を出し続けているという事実をみんな忘れていませんか?

 汚染水処理程度に追いまくられている東電にまかせていないで、国が前面にでて対応しないといけない時期なのではないでしょうか。

 以前にも触れましたが、このまま無策を続けていると「2020年の日本地図」が現実味を帯びてくるかも・・・?(^_^.)

 

 廃墟の鳩 ザ・タイガース