ためしてガッテン 胃の老化の真犯人はピロリ菌!!2013年07月10日 20時34分26秒

 今日午後8時からのNHK「ためしてガッテン」を観ていたら、胃は本来、老化しないとのこと。

 なのに老化することがあるのはピロリ菌のためであるとのことでした。

 そう、胃潰瘍18倍、胃がん100倍の危険性を持つピロリ菌が胃の老化の真犯人でもあったのです。!!

 そして、ピロリ菌を除去すれば、本来の老化しない胃に戻るとの朗報!!(^_^;)

 昨年末から今年初めにかけて1週間のピロリ菌除去治療をしたおかげで、最近はすこぶる胃が快調な小生も、”うんうん”とうなずきながら観ていました。(^_^;)

 その悪玉ピロリ菌の除去治療が今年2月から保険適用になったとのことですから、胃の具合が悪い方は是非、ピロリ菌除去治療を受けられることをお薦めします。

 自費負担のときで1万円強でしたから、保険適用なら3~4千円で除去治療できますね。もっとも、ピロリ菌の有無の検査費用も別途必要になるかも知れませんが、健康のことを考えたらお安いものです。(^_^;)

 

 若いってすばらしい 槙みちる

コメント

トラックバック