新型インフルワクチンってほんとうに大丈夫?2009年10月30日 13時28分21秒

 来月2日から新型インフルワクチンの児童に対する接種テストが始まるようです。(17:45訂正:今見たニュースではすでに今日から始まったようです。)

 季節型ワクチンと新型ワクチンをそれぞれグループ分けして接種してその効果をみるようなのですが、抵抗力の弱い児童にこんなテストをして大丈夫なのでしょうか?

 Walk in the Spiritの10月28日の記事によれば、ワクチンの防腐剤として有機水銀が入っているとのこと。(http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/200910280000/

 大人なら少量の有機水銀くらいでは、多分ほとんど影響を受けないでしょう。

 でも、抵抗力の弱い児童や、ましてや妊婦などに接種するなんてどう考えても納得がいきません。

 そんなワクチンをもし妊婦に接種したりして、胎児に悪影響がでないなんて誰が保証できるのでしょうか?

 オカルト的な話になって恐縮ですが、人類の人口削減計画なるものがあると聞いたことがあります。

 いろいろな疾病が発生するのもその一環であり、念の入ったことに、それらの疾病に対する対策と称してワクチンなどを接種し、胎児に致命的なダメージをあたえる方策までとるという、二段構えの構造になっているのでは? と、つい疑ってしまいたくなります。

 そんな愚かなことを考えている人たちがいないことを祈っています。

 作用反作用(=因果応報)の法則は物理学の世界だけではなく、すべての世界に当てはまる基礎原理なのですから・・・・

17:15 追記)

 今日の日経新聞夕刊によると、妊婦への防腐剤を含んだワクチン接種の危険性は厚生労働省も分かっているようで、別途、防腐剤を除いたワクチンの製造も進めているようです。

 ただ、そのワクチンが供給されるのは来月中旬のため、妊婦への接種本格化はそれ以降との見方があるそうです。

 でも、一部の自治体ではすでにワクチン接種を始めつつあるみたいですが、このあたりはきちんと周知されているのでしょうか?


 秋桜(コスモス) /山口百恵(http://www.youtube.com/watch?v=aG8Quie3eY0

 夢先案内人/山口百恵(http://www.youtube.com/watch?v=1UJL0dXxyXk&feature=related&fmt=18

 いい日旅立ち/山口百恵(http://www.youtube.com/watch?v=h8KnJzb_-tU&feature=related