プリンタ騒動顛末記2007年12月11日 17時56分05秒

 そろそろ年賀状を作成(!?)しようと思い、先週末にプリンタ用のインクを買ってきました。半年ほどプリンタを使っていなかったので、前のインクは多分出ないだろうと思ったからです。

 案の定、テスト印字してもだめでした。でも、これまでとちょっと様子が違っていました。以前なら、ある程度は印字されたのに、今回は全く白紙のままで用紙が出てきたのです。

 何か不吉な予感?

 この予感、不幸にも的中してしまいました。買ってきたインクセットに取り替えても全くだめなのです。ノズルチェック、クリーニングを何度繰り返しても無情にも白紙のまま、そしてクリーニングを繰り返すたびにインク残量だけがどんどん減っていきます。とうとう、半分以下になったところでギブアップ!

 せっかく3千円ほど出してカラーとモノクロのインクを買ったのにー・・・

 プリンタ機種名はエプソンのPM-900C、ホームページで調べてみると、この9月末ですでに修理対応終了になってました。もっとも、同程度の機種でも修理代が基本料金だけで1万以上かかりそうなので、対象機種であっても修理にはださなかったでしょうが・・・

 それよりも、インクを買いに行ったときに、中古品が何種類か売られていたのを思いだし、これを買いに行くことにしました。

 エプソンの中古プリンタが何種類か展示されていて、そのうち、8,980円の機種がPM-A820とPM-D870の2種類。結局、インクジェット複合機のPM-A820を選択しました。初期不良対応は購入後10日間で以後の補償は無し。一瞬、新品にしようかなと迷ったものの、価格が倍近くになりそうなので、ここは思い切って中古品を購入することにしました。

 何とか家に持ち帰り、PCに繋ぐ前に、まずは単独でコピー機能をチェック。免許証と健康保険証をカラーコピーしてみました。(何かの申請時によく、必要になるので)

 うん、まー、いいんじゃない!これなら、コピー機能だけでも9千円弱の値打ちありそう。

 次にPCに接続し、付属のCD-ROMからプリンタドライバをインストール。Webページを試し刷り。うーん、遅いッ!

 まっ、印刷出来るのだからいいかっ!何せ8,980円だものね。

 あと、スキャナ機能もあるそうですが、当面はコピーと印刷ができればOKなので、まだ使ってません。

 あーっ、疲れた~!年賀状は後日にしようっと。

 そうそう、壊れたPM-900Cは分解してプラスチックと金属部分、その他に分けました。そのままだと、有料廃棄になるのですが、これでプラスチックごみ、資源ごみ、雑ごみとして無料で捨てられますからね。せこーっ!(笑) 

 でも、修理だと気を使いますが、分解なら、どんどん破壊OK!(笑) 十字ドライバーで割合簡単に解体できました。内部まで分解していくと、あーこんな風になっているんだーなどと結構、楽しい作業でした。

コメント

トラックバック