金曜ドラマ「歌姫」2007年11月28日 21時59分57秒

 この秋のドラマをいくつか見ていますが、別格のTV朝日系「相棒」(水曜夜9時)以外で一番出来の良いのはTBS系金曜夜10時の「歌姫」ですね。

 「歌姫」は映画の「続三丁目の夕日」や「オリヲン座からの招待状」と同じ昭和30年代の香りがただようドラマです。そういえば、このドラマに出てくる映画館は「オリオン座」でした。(笑)

 戦争で記憶を無くした四万十太郎(長瀬智也)を中心にした涙と笑いいっぱいのホームドラマであり、戦争によって運命を狂わされた男の悲しいラブストーリーでもあります。何か映画「ひまわり」を連想させます。役者陣に芸達者な人たちが揃っていることもあり本当に楽しめるドラマとなっています。

 フジテレビ系の月9ドラマ「ガリレオ」も、まあ楽しめますが、やはり「歌姫」の方が内容的にも優れていますね。

 ところが、このドラマ、視聴率的にはあまり芳しくないそうです。金曜日夜は映画の大作などの裏番組が多いせいもあるのでしょうが、案外、録画派の人たちが多いせいかも知れません。良いドラマは録画してあとで何度も見直すという人たちが増えているそうですから・・・(小生もその口ですね)