映画「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」2007年10月01日 19時16分41秒

 今日はMOVIX堺にて「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」を観賞。いつもなら株主優待で観るのですが、今日はサービスデー料金の千円を払って観ました。

 というのも、松竹の株主優待ポイント残が40ポイントと期限の11月までの2ヶ月で4回分しか残ってなかったからです。今月、来月と観たい映画が目白押し。ならば、サービスデーの今日は料金を払って観ておいたほうがお得と判断したのです(せこいっ!)。

 ピアフの人生のすごさ(!)については、ある程度は知っていましたが、この映画でその想像をはるかに超えるものであったことを思い知りました。

 そして、あまりにピアフ役(マリオン・コティヤール)の歌がうまいのにびっくり!まるで、本物のピアフが歌っているのでは?と錯覚させるほどでした。(実際、本物のピアフの歌に口をあわせた場面もあると思います。でも、ほとんど区別できませんでした。)

 猫背で少し傾いた姿勢で歌う姿まで、その演技は見事というしかありません。

 この映画は大スクリーンのステレオ音響で観る(&聴く)値打ちのある映画です。DVDなんかではあの迫力は伝わりません。是非、映画館へ行って下さいね!(株主として映画館の宣伝でした!(笑))