dynabook購入!2007年07月20日 21時00分22秒

 日経ビジネス7月16日号に東芝のノートPCが値下げ競争を仕掛けているとの記事。それによるとウィンドウズ・ビスタ搭載のマシンが10万円強で、それに20%のポイント分を考えると実質8万円台売られているとの事。

 つい興味をひかれ、この3連休中に量販店巡りをしてしまいました。ヨドバシ梅田では確かにdynabookAX/53Cが109,800円でポイント20%となってました。

 そして、いつもPCを買っているJ&Pでは124,800円のポイント15%だったので、ヨドバシの値段なら買うと言ったのですが無理でした。

 ヤマダ電機やヨドバシカメラの様な巨大な量販店には仕入れ値からして、やはり太刀打ち出来ないのですね。上新電機はニノミヤ無線のようにはならないと思いますが、これだけ値段差があると、いくら上新を贔屓にしていても買えません。

 J&Pを後にして、LABI1にいったらやはりヨドバシ同様の109,800円。更にポイントが23%ついていたので、結局ここで購入。

 dyabookAX/53Cは速度的には遅い部類に入りますが、ウィンドウズ・ビスタの入門用としての購入なのでこれで充分です。

 それにオフィスパーソナル2007が入っているのでエクセルを別途購入しなくてすみます。(ワードはほとんど使いません。)

 買った当日は忙しくて、梱包を解かず翌日にいよいよセットアップ。期待に胸を膨らませ(?)スイッチオン!

 名前の登録時にこれまでのマシン同様パスワード設定をしなかったところ、何やら警告が・・・!? その後30分くらいをかけて一応セットアップ完了し、ネットワークに接続。ところが、インターネットへの接続がうまくいきません。あれこれ試みるも結局、繋がらず。 翌日に、購入時の状態に戻すリカバリ操作をして一からやり直すことにしました。

 リカバリ後、再度セットアップに挑戦。今回は名前入力後、パスワードも素直に設定。セットアップ完了後、インターネットにも無事接続でき、昨日のトラブルはいったいどうしたの?と拍子抜けしたくらいです。

 マーケットスピードの株価表示もスムーズで見やすく、現在はデスクトップ機4台で行っている取引の予備機としても使えそうです。

 そしたら、東芝製のノートPCに使われているソニー製充電池に発火の危険性ありとの記事をみてびっくり! でも、東芝のホームページで確認したところ、AX/53Cはリストになかったので少し安心した次第です。

 さて、取引の方はといえば、相変わらずとんちんかんな売買を続けてます。

 昨日は「住友鉱山」を2,985円で信用売りしたら、今日は寄りつき大幅買い気配! 意地になって更に寄りつき時にも信用売りし3,060円で約定。売ったら上がるジンクス通り、どんどん、値上がりし終値は何と200円高の3,190円。ほんと、見極めが悪いです。そんなこんなで、きょうは評価益がでたのにあまり浮かれた気分になれないのです。

 それもそのはず、前述の「住友鉱山」の空売り分に加え、「ファーストリテイリング」、「野村」、「大和証券」、「オリコ」などの信用買い分で、現在信用取引での含み損を200万円も抱えていてはそれも無理ないかな!・・・

 早くこれらの含み損を解消したいものです。

 それではみなさん、良い週末をお過ごし下さい。