相場過熱警戒感?日経平均3日ぶりの反落2006年04月10日 15時29分37秒

 最近の株価急上昇による過熱警戒感と、先週末のニューヨーク株安を受けて、今日は朝から軟調。まぁ、やむを得ないですね。

 そんな中で「日本板硝子」、寄りつきこそ5円安の708円でしたが、704円を底に急反転し始めたので、710円で5千株買ってみました。(先週末698円で売ったのはもったいなかった~)

 すぐに20円高の733円で売り返済指値して様子見。前場終了前(10時37分頃)に無事約定。その後も勢い衰えず、少し早く売りすぎたかな? (結局、後場更に一段高となり終値は36円高の749円でした)

 上昇途中で更に追撃買いすべきなのでしょうが、つい躊躇してしまい、なかなか買えません。この辺の決断力の弱さを克服するのが課題ですね。

 「板硝子」の他には「大和証券」を1,598円、3千株買い→1,603円売り返済。大きく下落していた「クラレ」を1,457円、1,441円で各3千株買い→1,455円売り返済。

 本日のデイトレ成績は計15万円の利益でした。

 明日は朝から胃カメラ検診なので一日中、取引できないかも?検査の結果、即入院なんていわれたら株どころじゃないですね。まぁ、明日は明日の風が吹くさぁ~