「オリコ」くん、長い冬眠からやっとお目覚め?2006年02月07日 21時52分00秒

 今回の上昇相場の中で、ひとり取り残されたままの「オリコ」くん。

 先週末の日経平均下落時、いつもなら一緒に下落するはずなのに何とか踏ん張り1円高の452円となったとき、いつもと違う雰囲気を感じました。

 ですから、昨日は「オリコ」買い増しも考えたのですが、なにぶん含み損を抱えた信用買い分が腹いっぱいあるので、無理せず今回は見送ることにしました。そしたら、この急上昇・・・本日は19円高の473円で引けました。(そう、売ると上がるジンクスと同じく、買いたいのを買わないと上がるというジンクスもあるようです・・・)

 明日、第3四半期決算の発表ですので、その内容が良いのかも?

 前回の中間決算発表時は560円台で推移していたのが、発表後、一気に530円台へと下落しましたが、今回はその逆パターンになって欲しいですね。午後2時位の発表かな?明日が楽しみです。当然、明日は映画には行かず後場もPCに張り付く予定です。

 また、明日はIPO抽選で3つの証券会社で申し込んだ分の内、2社で100株づつ当たり(計200株、1株2,050円)購入した「岩井証券」の上場日。これも初値がいくらになるか楽しみにしてます。

 そうそう、「住友鉱山」とうとう連騰がストップしました。ちょっとした一服だと考え、強気は継続です。終値は32円安の1,699円でしたが、午後出かける時に1,696円で1千株信用買い指し値していたのが約定してました。

 今日はいつも気になっている「住友商事」も1,691円、1,685円で各1千株信用買い、内1,685円買い分を現引き(信用買い分を現物株へ変更)。その後も下落が続いたので更に1,680円で2千株信用買い。終値は12円安の1,683円ですから少し含み損を抱えましたが、業績絶好調の「住商」ですからすぐ1,700円台に復帰するでしょう。

 そして「クラレ」の好調が続いてます。こちらも明日第3四半期発表の先取りかな?

 結局、本日の日経平均は26円安の16,720円でしたが、「オリコ」と「クラレ」の上昇のおかげで評価総資産残高は前日比プラスとなりました。

 今日観た映画は「単騎、千里を走る」。そう、高倉健さん主演、チャン・イーモウ監督(「HERO」など)の中国映画です。日中友好ドラマでした。

 現実もこんな風に日中友好であればいいのですけどね・・・

コメント

トラックバック