映画「この世界の片隅に」2016年11月14日 20時14分59秒

 本当に久しぶりのブログ更新となりました。(^_^;)

 

 今日は普段ならフィットネスクラブに行っているはずなのですが、 シネリーブル梅田にて12日から公開されている「この世界の片隅に」を観るため、ピラティスのレッスンはお休みにしました。(^_^;)

 

 そう、のんちゃん(能年玲奈)が主役の声優を務めている話題のアニメ映画です。

 

 株主優待券なので、公開初日の土・日は観られないため、今日となった次第です。

 

 戦争映画なのに旧来の戦争映画とは全く違った映画なのにびっくりします。

 

 主人公の「すず」のおっとりした性格が、のん(能年玲奈)とぴったりマッチしていたのが良かったのかも知れませんね。

 

 もっとも、オープニング時の、のんちゃんの話し方には少し違和感を感じましたが、すぐに良くなっていました。

 

 「この世界の片隅に」、そう、私たちはそれぞれ出会い、懸命に生きているのですよね。

 

 「火垂るの墓」も素敵な映画でしたが、何だかつらくてTV放映されても、2回目以降は観ようという気持ちがあまりおきませんでした。

 

 でも、この映画はそんなつらい気持ちにならないのですね。TV放映されたら是非また観たいと思っている自分がいます。

 

 現在、大ヒットを続けている「君の名は。」も、もちろん素晴らしかったですが、「この世界の片隅に」も、多くの方々に是非観ていただきたい映画だと思います。

 

 映画『この世界の片隅に』予告編

 

 コトリンゴ -「 悲しくてやりきれない 」