iOS8にバージョンアップ奮戦記(^_^;)2014年11月02日 23時05分36秒

 iPad用のiOSが7から8にバージョンアップされてから、しばらくは様子見していました。

 初期にいくつかトラブルがあったようですが、最近はかなり安定してきたようです。

 

 そこで、iOS8にバージョンアップできる機種の内、一番古いiPad2に導入することにしました。(初代iPadはiOS5.1.1までの対応)

 

 これが、安定的に動作することを確認してから、iPadmini、iPadAirと残りの2台もバージョンアップするつもりでした。

 

 ということで、昨夜、iTunes経由で、まずはバックアップをとり、ついでバージョンアップという手順で作業を進めました。

 

 バージョンアップはうまくいったようなのですが、その後の同期の過程で、最後の段階まできてから、いつまでたっても終わらないのです。(^_^;)

 夜も更けてきたので、PCにiPad2を接続したまま、就寝。

 起床後、確認してみると前夜の状態のまま!?

 やむを得ず、同期を強制終了させ、iPad2をPCから外してみました。

 

 iPad2の電源を入れると、無事iOS8が立ち上がり、初期設定の画面になったので一安心。(^_^;)

 

 ところが、ところが・・・

 

 初期設定が終わると電源が勝手に切れて、再度スイッチをonにしてもうんともすんともいいません。

 PCに繋ぐと認識するので、再度、同期。

 するとiPadのディスク容量不足とのエラー。

 

 どうやら、iTunesに入っているアプリの数が多すぎるのが原因のようでした。

 

 アプリをせっせと削除して、何とか同期させてみるものの、なかなかうまくいきません。

 

 半分諦めかけたとき、何と、放置していたiPad2の初期画面が立ち上がったのです。

 

 あまりに長い時間、画面が切れたままだったので、動いていないと思い込んでいたのですが、どうやら、その裏でiPad君は頑張って作業してくれていたのですね。

 

 要領が判ったので、同期の出来ていないファイルのアイコン(暗いアイコン)を、全15画面について、ひとつひとつ削除していきました。

 

 この作業が終わる毎に再起動(これもすごく長い時間がかかります)、すると隠れていたアイコンがまた現れます。

 削除と再起動を10回ほど繰り返して、隠れていたファイルが無くなったことを確認し、無事バージョンアップ作業は完了しました。ホッ・・・(^_^;)

 

 今回の事態を教訓に、他の2台についてはWIFI経由でのバージョンアップを試みるつもりです。(^_^;)

 

 風と雲と私/熊谷幸子

コメント

トラックバック