小沢氏への当てつけ? 若林議員即時辞職!2010年04月02日 13時18分02秒

 参院本会議での代理投票問題の責任を取って議員辞職した自民党の若林正俊元農水相(75)は2日午前、国会内で記者会見し、「青木幹雄前参院議員会長がすぐ戻ってくると思って投票ボタンを押した。魔が差したとしかいいようがない。許されざる行為だ。申し訳ありませんでした」と陳謝した。(産経新聞より引用)

 この報道をみて、自民党は自浄能力があるんだぞ!とアピールしているなと感じた方は多いのではないでしょうか。

 もっとも、若林氏はこの夏の任期切れで引退予定でしたから、自民党にとっては、さほどダメージもなく、逆にさっさと辞職するすることで民主党のようにいつまでも責任を取らない政党とは違いますよ!と印象づけられました。

 そう、ずばり、小沢幹事長への当てつけ辞任劇でもありますね。

 さあ、小沢さんどうでます?(^_^;)


 こころの虹/ジャッキー吉川とブルーコメッツ(http://www.youtube.com/watch?v=Pa2hTmmeu5k

 すみれ色の涙/ジャッキー吉川とブルーコメッツ(http://www.youtube.com/watch?v=q-DXgVdaUrY&feature=related

 北国の二人/ジャッキー吉川とブルーコメッツ(http://www.youtube.com/watch?v=gixut5uKhpw&feature=related

コメント

_ Tad ― 2010年04月06日 06時45分49秒

●青木幹雄は即「議員辞職」すべきである●
 青木事務所は採決の前に議場を退出した理由について、「会合に出るため」と答えた。議案の採決より会合優先なんて本末転倒だ。有権者から与えられた国会議員の重い一票をないがしろにしている点では、若林と同罪である。
  http://gendai.net/articles/view/syakai/122554 [ソースチェック]
若林 正俊はすぐ退職したが、議会制度の根幹を揺るがす違反の中心にいた青木幹雄議員も責任がある。
 1)気が付いたらい青木がいiなかったと言っているが、記録映像↓によると、チャンと挙手会釈して退出している。若林の両側の席が空席となり、「魔がさした」のなら左側の席のボタンを押すはずである。なぜなら投票ボタンは右手側に設置されている。3/31 13:01~14:30までの長時間、ずっと「魔がさして」右側の遠いボタンに体を伸ばし10回も押し続けることは相当の努力・熟練を必要とする。何らかの「任務意識」が無ければできないことだ。
  http://www.youtube.com/watch?v=an2B62A9w2M&feature=related [ソースチェック]
 2)ケンカ・カンニングなど2者による公序良俗の不正行為は「両成敗」が古今東西の常識である。
 3)丸1週間たっても青木は逃げ回るばかりで 国民の代表たる議員の「説明責任」と「訂正責任」を果たしていない。   http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/vote/174/174-0331-v001.htm このように3/31の議決は自分が投票をした不正のままとなっている。これは自分の犯した議会制度を否定する「違反行為」に何の反省も罪悪感もないことの証明である!従って青木は議会制度・良識の府を任せられる資質に欠けることとなる。
 即刻、(改めて若林と共に)青木幹雄を”懲戒”の議員辞職させて、議員と国会全体の浄化に努めなければ この国の未来はない!

トラックバック