映画「好きだ、」2006年04月01日 23時31分06秒

 今日はテアトル梅田にて「好きだ、」を観賞。この映画、評価は大きく分かれるでしょうね。ミニシアター系映画そのものでしたから・・・

 「好きだ、」という一言がいえない17才時代の二人、ある事件のせいで二人は離れてしまう。それから17年後の偶然の再会。

 この映画、台本がなく場面毎にキーワードを与えてアドリブ演出されたとの事ですが、役者に技量がないと、とても出来ないですね。展開のもどかしさと合間合間に空ばかり映るシーンなど心地よい眠りに誘う要素たっぷりの映画になってます。

 その眠気をかろうじて防いでくれたのが17才の高校生時代を演じた宮崎あおいと、34才になったときの永作博美でした。どちらもうまいッ!言葉にできない思いを伝える繊細さ、絶妙です。この二人の演技でかなり救われてます。

 宮崎あおいは今度のNHK朝ドラの主役。NHKもこの4月からは方針を変えて今までのような新人ではなく、実績のある実力派を起用することになったそうです。

 その第一弾に抜擢されたのが宮崎あおい、たしかに肯けますね。月曜日からのドラマ、楽しみです。(「風のハルカ」の村川絵梨も良かったですよ。)

瞳孔が開いていて文字が読めない?2006年04月03日 19時56分34秒

 今日は眼の検査をしてきた。検査後だいぶ時間がたったが、薬で瞳孔が開いた状態のままなのかPCの小さな文字がかすんでほとんど読めない。かろうじてここまで書いたが非常に疲れるので今日はここまで。

ポップサーカス2006年04月04日 23時10分21秒

 今日は友人に誘われて、大阪南港WTC横の広場で開催されているポップサーカスを見ました。

 サーカスを見るのはいったい何十年ぶり(?)なんだろう。春休み中とあって平日にもかかわらず家族連れがたくさんきていました。

 いくつになってもサーカスって楽しいものですね。

 サーカス終了後は引き続き、新大阪・メルパルクホールにてチェ・ジウ主演の映画「連理の枝」試写会へ・・・結構、充実した一日でした。

 昨日は夜になってもPCの文字がかすんで見えなかったのですが、今日は幸い元に戻ってきました。といっても左目が見えにくいことに、かわりはありませんが・・・

 先日受診した人間ドックの結果で左目が「黄斑上膜症」との診断が出たので昨日改めてかかりつけの眼医者さんにいって精密検査してもらったのです。

 その結果、やはり、少し網膜上に膜が出来ていて、そのせいで見えにくくなっていることが分かりました。でも、この手術はかなり難しいそうなので危険を冒すよりしばらくはこのまま様子をみることになりました。ほとんど見えなくなるようなら、手術しないといけなくなるかもしれませんが・・・

 人間ドックは会社を辞めて3年で初めて受けましたが、もう少し早くから受けておくべきでした。年をとると体にガタがくるのは分かってましたが、体のあちこちに悪いデータが出てくるとやはりショックなものですね。

 あと6年は現世を楽しみたいのだけど、果たしてどうなることやら・・・まぁ、明るく楽しく生きていくつもりに変わりはないので、なるようになるでしょう。

「みずほ」一時100万円大台へ!2006年04月05日 19時16分11秒

 今日は「みずほ」が一時100万円の大台に乗る場面がありました。(終値は99万4千円)

 2003年5月に7万3百円で買った「みずほ」、その当時は潰れるかもしれないという恐怖感からホンの少ししか買えなかったのですが、結局これが一番の出世株になりました。あのとき、6万9千円台でも買おうとしたのですが、百円違いで買えなかったのが今でも悔やまれます。でも7万台で買った分を今まで持ち続けたのだから、先見の明あり(自画自賛!)ですよね?

 安いときに買って長期に持ち続ける事がいかに大事かを教えてくれた「みずほ」。次は150万円を目指して、まだ当分持ち続けよーっと!

 そして、ITバブルの崩壊が長期ばかりでは駄目なことも教えてくれました。短期と長期、これの絶妙な組み合わせが必要なのでしょうね。

 現在のように、多くの銘柄が上昇している状態では短期中心がいいのかも知れませんが、中には「みずほ」のようにこれから大化けする銘柄もあることでしょう。そういった銘柄、また見つけられたらいいのになぁ・・・(心の中では「住友鉱山」と「クラレ」がそうだと信じてます)

 さて、昨日まで信用買いで含み損を抱えて持ち越していた「日本板硝子」、今日は寄りつきから買い気配。やったー!喜んで675円、676円、677円と各5千株売り返済し、やっと利益確定できました。

 そのあと、ちょっとスーパーに買い物に出かけて戻ってきたら、何と698円まであったではないですか!ちょっと上がったところで喜びすぎ、いつもの早売り。ほんと学習効果のないアホです。

 でも、18万円も利益確定出来たのだから良いですよね!(もっと待てば30万利益上乗せ出来たのに・・・うぅっ・・・)

 あと、5千株持ってるのでこれは欲張って700円で売り指値して、午後は外出、道頓堀・角座にて「子ぎつねヘレン」を観賞。

 子ぎつねの演技力もさることながら、ワンちゃんの絶妙の演技(?)に観客も大笑い!笑いあり、涙ありで十分楽しめました。インターネットの掲示板ではあまり評判が良くなかったのでそれほど期待してなかったのですが、まあまあの出来だと思いましたよ。

 で、最近の傾向。前場上がっていても、映画を観に行くと不思議と後場下がっているのです。そして、今日もそのジンクス通りとなってしまいました。 「日本板硝子」も700円には届かず、終値は682円。

 「住友鉱山」が44円安と大きく下落したのはショックでしたが、「日本板硝子」の利益のおかげで、今日の全体の評価損は10万程度ですみました。

 ハイテクしか上がっていない現在の相場、その恩恵にあずかれないのは相場観がまだまだという証拠なのでしょうね。何せ、未だに今年の成績はマイナス圏、早くプラス圏に浮上したいよ~・・・

我、プラス圏に浮上せり!2006年04月06日 15時37分56秒

 本日は昨日、一昨日とは違い朝の力強さが午後も持続。日経平均も245円高の17,489円となりました。東証一部も出来高こそ17.7億株と20億株には届きませんでしたが、売買代金が2.8兆円と高水準でしたので、好業績の値がさ株が活況だったことが分かります。いよいよ、本格上昇相場に入ったのかも・・・?

 そして、本年の評価総資産残高も、これまでの対前年比マイナス圏から本日やっとプラス圏へと浮上しました!(万歳!!)

 思えば、1月はライブドアショックによる大幅マイナスをうち消したと思ったのもつかの間、2月に400万以上のマイナスを記録。

 これまでの過大な信用取引を反省し、地道なトレード方針に切り替えて少しずつマイナスを減らしてきましたが、やっとプラス圏に浮上できました。

 といっても、確定損益はまだまだ大きなマイナス圏ですので、保有現物株の株価上昇による含み益で救われた形になってます。次は、日々のこまめな利益確定によって確定損益もプラス圏浮上を目指したいものです。

 本日のデイトレ:

 「住友鉱山」1,621円買い→1,629円売り返済。  「大和証券」1,615円、1、606円買い→1,614円売り返済。  「住友商事」1,666円買い→1,678円売り返済。  計7万円の利益確定。

 「任天堂」17,160円買い分は明日に持ち越し。(終値17,180円)